ミュージアムショップ
平成15年度春季特別展 黄泉のアクセサリー─古墳時代の装身具─ 黄泉のアクセサリー
大阪府立近つ飛鳥博物館図録30
完売しました 118ページ
古墳時代のさまざまなアクセサリーを紹介し、それらの推移をたどるとともに人々がどのような思いで身につけたのかを考える。114品目の展示品を掲載。
紫金山古墳 紫金山古墳
大阪府立近つ飛鳥博物館図録29
値段:514円 30ページ
送料:(1冊)180円/(2冊)300円
大阪府の主要古墳シリーズの第1弾。みなさまからのご要望が多かった大阪府茨木市の紫金山古墳をとりあげ、12点の鏡をはじめとする出土品の数々を紹介する。
平成14年度秋季企画展 西域への道─シルクロードと大谷探検隊─ 西域への道─シルクロードと大谷探検隊
大阪府立近つ飛鳥博物館図録28
完売しました 98ページ
シルクロード調査の原点ともいわれる大谷探検隊。その大谷探検隊をとおしてシルクロードを再発見し、西域文化と日本文化の関わりを考える。大谷探検隊の将来品を中心に100点あまりの展示品を掲載。
平成14年度春季特別展 未盗掘古墳の世界─埋葬時のイメージを探る─ 未盗掘古墳の世界─埋葬時のイメージを探る
大阪府立近つ飛鳥博物館図録27
値段:1543円 128ページ
送料:(1冊)350円/(2冊)360円
古墳時代各期の未盗掘古墳をとりあげ、それらの古墳から見つかった良好な資料により、古墳埋葬の最終場面のイメージを探る。あわせて、韓国および南シベリアの未盗掘古墳もとりあげる。
一須賀古墳群の調査Ⅲ・I支群 一須賀古墳群の調査III・I支群
大阪府立近つ飛鳥博物館図録26
完売しました 34ページ
一須賀古墳群を扱ったシリーズの第三弾。今回は、博物館建設に伴う発掘調査によって、新たに20基の古墳が見つかったI支群を取り上げる。
平成13年度秋季企画展 モノクロームの守り神―画像石と十二支像― モノクロームの守り神
大阪府立近つ飛鳥博物館図録25
値段:411円 22ページ
送料:(1冊)215円/(2冊)300円
新納忠之介拓本コレクションからの、統一新羅時代の十二支像、奈良県興福寺の十二神将などの拓本に、個人蔵の中国の画像石の拓本を加えて紹介する。
平成13年度春季特別展 荘厳―飛鳥・白鳳仏のインテリア― 荘厳
大阪府立近つ飛鳥博物館図録24
値段:1500円⇒309 114ページ
送料:(1冊)350円/(2冊)360円
仏を華麗に装飾する荘厳(しょうごん)。仏教伝来の当初から施されていた荘厳の数々を紹介し、国際的な影響の下に成立したとされる飛鳥・白鳳文化について考える。
一須賀古墳群の調査II・WA支群 一須賀古墳群の調査II・WA支群
大阪府立近つ飛鳥博物館図録23
完売しました 34ページ
一須賀古墳群の中から、今回はWA支群を取りあげた。WA支群の各古墳の概要を、発掘調査当時の写真と各種データにより紹介する。一須賀古墳群の紹介の第二弾。
平成12年度春季特別展 残されたキャンバス―装飾古墳と壁画古墳― 残されたキャンバス
大阪府立近つ飛鳥博物館図録22
値段:1500円⇒309 112ページ
送料:(1冊)350円/(2冊)360円
装飾古墳と壁画古墳を取りあげ、古墳に施された様々な種類・手法の装飾を紹介し、そこに見られる図文の変遷やその意味、時代背景などについて考察する。巻末には、全国の装飾古墳集成表を掲載。
一須賀古墳群の調査A・O・Q支群 一須賀古墳群の調査A・O・Q支群
大阪府立近つ飛鳥博物館図録21
値段:411円 30ページ
送料:(1冊)180円/(2冊)300円
一須賀古墳群の中からA・O・Q支群を取りあげ、各古墳の概要を発掘調査当時の写真と各種データにより紹介する。一須賀古墳群の紹介の第一弾。
近つ飛鳥博物館CHIKATSU ASUKA MUSEUM
─Guide to the Chikatsu Asuka Museum─(日本語・英語文併記、Japanese and English)
近つ飛鳥博物館
博物館図録20
完売しました 54ページ
近つ飛鳥博物館の建設過程と開館後の様子をまとめた写真集的な図録である。建築設計時の安藤忠雄氏のドローイングや設計図、展示設計時のイメージ図なども含む。
平成11年度春季特別展 修羅!─その大いなる遺産古墳・飛鳥を運ぶ─ 修羅
大阪府立近つ飛鳥博物館図録19
値段:1500円⇒309 140ページ
送料:(1冊)350円/(2冊)360円
1978年に出土した三ツ塚古墳の修羅とともに、Y字型の木ゾリの類例や運搬・輸送具などを紹介。また、「修羅」と呼ばれるものは一体なんなのか、そうした関連史・資料も掲載。そして、日本や世界の巨石運搬についても絵図や写真資料をかかげる。こうした展示にともなった事柄とともに、三ツ塚古墳の修羅の発掘報告、保存処理報告も付載する。
平成12年度秋季企画展 百舌鳥・古市─門前古墳航空写真コレクション─ koukuusyasin
大阪府立近つ飛鳥博物館図録18
完売しました 50ページ
本図録は、門前昇氏が1970年から撮影されつづけた航空写真コレクションのうち、大阪府堺市百舌鳥古墳群と藤井寺・羽曳野市古市古墳群の前方後円墳を中心とした写真集である。
平成11年度夏季企画展 くつワード─くつのことば─ kutsuword
大阪府立近つ飛鳥博物館こどもノート
完売しました 124ページ
本館が行ったアウトリーチで、小学生のみんながクツの気持ちになって描いた・書いた絵の解説と詩を掲載する。巻末には、アメリカ合衆国ブルックリンこどもの博物館のグローバルシューズキッズ・コネクト・プロジェクトの概要やくつワークの紹介をしている。クツの絵一覧のカラーポスター付。
平成10年度冬季企画展 「装い」文化あれこれ─清野謙次コレクションから─ 装い文化あれこれ
大阪府立近つ飛鳥博物館図録17
値段:600円⇒103 28ページ
送料:(1冊)215円/(2冊)300円
本図録は「「北」の列島文化」に続き、清野謙次コレクションから「装い」に関わる中国、オリエント、メソポタミア、南アメリカなどの考古・民族資料をとりあげている。
平成10年度秋季特別展 大化の薄葬令─古墳のおわり─ hakusourei
大阪府立近つ飛鳥博物館図録16
※完売しました 98ページ
「大化薄葬令と墓誌」大庭脩(前館長)を巻頭文に、7世紀の宮と古墳の出土品を中心に紹介するとともに、終末期古墳についてを論述する。
平成10年度春季特別展 近つ飛鳥工房─人とかたち 過去・未来─ 近つ飛鳥工房
大阪府立近つ飛鳥博物館図録15
値段:1500円⇒309 118ページ
送料:(1冊)350円/(2冊)360円
前半は自然、現在、古墳・飛鳥時代のかたちのいろいろとその起源、それらの変化を紹介する。後半は本館が試みた古墳・飛鳥時代の金銅製の鞍・沓、鉄製冑など様々な復原模造品17点の製作工程について写真を用いて解説する。
こども展示図録 こふんなぜなにブック こふんなぜなにブック
大阪府立近つ飛鳥博物館図録14
完売しました 50ページ
本ホームページでおなじみ、「古墳Q&Aなぜなにきょうしつ」をベースに、本館の常設展示品の写真をふんだんにもり込んだ解説図録。
平成9年度秋季特別展 「あつれき」と「交流」─古代律令国家とみちのくの文化─ あつれきと交流
大阪府立近つ飛鳥博物館図録13
値段:1543円 108ページ
送料:(1冊)350円/(2冊)360円
『日本書紀』は斉明朝の時代に阿部比羅夫が大船団を率いて日本列島の北方に遠征したことを伝える。その後、律令国家の役人の帯飾りや和同開珎、太平洋沿岸の久慈周辺の琥珀、東北地方に集中する蕨手刀、北海道などの続縄文文化に特徴的な黒曜石製石器などが東北地方で交錯する。その様子を紹介する。
平成9年度夏季企画展 古墳の科学捜査─行者塚古墳発掘展─ 古墳の科学捜査─行者塚古墳発掘展
大阪府立近つ飛鳥博物館図録12
※完売しました 40ページ
兵庫県加古川市行者塚古墳の発掘調査の様子とその出土遺物の紹介。そして発掘調査の手続きにしたがって、トータルステーション、航空測量 、朱・岩石の調査、マイクロデジタルスコープ、X線・中性子による透過、レンジファインダー(三次元形状計測機器)による三次元データとそれをもとにしたレプリカ、人骨観察、年輪年代測定、保存処理などの捜査の模様も紹介する。

3 / 4 ページ