こども考古学者の部屋

埴輪(はにわ)を置(お)いた意味(いみ)は

古墳(こふん)時代より前の弥生(やよい)時代に使われていた壷(つぼ)とそれをのせるための器台(きだい)という土器(どき)のかたちが、どんどんかわって円筒埴輪(えんとうはにわ)や朝顔形埴輪(あさがおがたはにわ)になりました。壷などは死者(ししゃ)にささげる食べ物をいれた入れ物でした。

ただ、円筒埴輪(えんとうはにわ)はくっつけて列にしてならべたので、人が古墳の中に入れなくするための柵(さく)のかわりの役割(やくわり)もありました。

古墳時代でも新しくなるほど、家やいろいろな品物(しなもの)、人、動物の埴輪が数多くつくられるようになりました。中には、木や石でつくられたものもあります。

≪古墳につかった埴輪の数は≫

大阪府(おおさかふ)の大仙(だいせん)古墳は30,000本、墳丘(ふんきゅう)の長さが194メートルの兵庫県(ひょうごけん)の五色塚(ごしきづか)古墳では2,200本の埴輪があったでしょう。

≪埴輪の種類は≫

埴輪の中で一番多いのは円筒埴輪(えんとうはにわ)ですが、ほかにもいろいろあります。また、埴輪と同じように並(なら)べられた木の飾(かざ)り物(もの)や石でつくったものもあります。

品物
円筒 円筒(えんとう)
朝顔形 朝顔形(あさがおがた)
器台(きだい)
壷 壷(つぼ)
家 家(いえ)
囲形(かこいがた)
器財(きざい)―持ち物
短甲形(たんこうがた)
甲冑形 甲冑形(かっちゅうがた)
冑形 冑形(かぶとがた)
盾形(たてがた)
靱形(ゆきがた)
太刀形 太刀形(たちがた)
鞆形(ともがた)
蓋形 蓋形(きぬがさがた)
翳形 翳形(さしばがた)
冠帽形(かんぼうがた)

※ほかに高坏(たかつき)、船(ふね)などもあります。

動物
clayimage18 猪形(いのししがた)
藤井寺(ふじいでら)市にある青山(あおやま)3号墳(ごうふん)で出土(しゅつど)しました。
5世紀(せいき)ごろのものです。
clayimage19 鶏形(にわとりがた)
藤井寺(ふじいでら)市にある土師の里(はじのさと)遺跡(いせき)で出土(しゅつど)しました。
5世紀(せいき)ごろのものです。
clayimage20 犬形(いぬがた)
堺(さかい)市にある仁徳陵(にんとくりょう)古墳(こふん)で出土(しゅつど)した埴輪(はにわ)の複製品(ふくせいひん)です。
5世紀(せいき)ごろのものです。
水鳥形(みずどりがた)
馬形 馬形(うまがた)
鹿形(しかがた)

≪埴輪の大きさは≫

円筒(えんとう)埴輪はよく似(に)た大きさのものをたくさんつくる必要(ひつよう)があります。そのために、ちょうど人の脇(わき)の高さぐらいのものがつくりやすい大きさのものになります。この大きさは踏(ふ)み台とかを使わずに、何人もの人が一度につくれて便利(べんり)だからです。古い埴輪は、つくった人の身長(しんちょう)の差なのでしょうか、多少(たしょう)大きさが違(ちが)います。小さなものは、ちょうど手の長さくらいになります。これは一方の手で埴輪をささえて、もう一方で道具を持(も)ってつくるのに便利だったからでしょう。

≪埴輪のつくり方は≫

埴輪(はにわ)つくりははじめのころは、それぞれのところでつくっていましたが、同じものをたくさんつくるようになって、埴輪つくり用の作業場(さぎょうば)で、いっせいにつくるようになりました。

  1. 埴輪(はにわ)つくりの材料を集める。
    • 粘土(ねんど)
    • 砂(すな)
    • 薪(まき)
  2. 粘土をこねる。
  3. 円筒(えんとう)埴輪の場合(ばあい)は、粘土のひもで輪(わ)をつくり、その輪を上へ積(つ)んで、だいたいのかたちをつくる。
  4. 仕上(しあ)げに表面(ひょうめん)を平(たい)らにするときはハケメという工具(こうぐ)を使(つか)いました。ハケメについては、後に説明(せつめい)があります。
  5. かたちができたら、1カ月ほど、屋根(やね)のあるところで陰干(かげぼ)しします。これは、粘土の水気(みずけ)を取(と)るためです。水気が残(のこ)っていると、焼(や)いているときにこわれるからです。
  6. 埴輪を焼く。次(つぎ)に乾(かわ)かした埴輪を焼きます。4世紀(せいき)は、焚き火(たきび)のように薪(まき)を燃(も)やし、その火の中に入れ、焼きました。そのため、煤(すす)のような黒い斑点(はんてん)が埴輪の表面にしみこんでいます。この焼き方を野(の)焼きといいます。5世紀には、須恵器(すえき)という器(うつわ)を焼くための窯(かま)焼きの技術(ぎじゅつ)が入いり、埴輪も窯で焼くようになります。そのとき、薪を燃やす場所(ばしょ)と埴輪を焼くためにおく場所とがべつべつになり、黒い斑点がつかないようになります。
  7. 窯から出して、埴輪の完成です。

≪大阪府(おおさかふ)新池遺跡(しんいけいせき)の埴輪(はにわ)つくり≫

この遺跡では、5世紀(せいき)の埴輪を焼(や)く窯(かま)と埴輪をつくる作業場(さぎょうば)が見つかっていて、いろいろなことが推測(すいそく)されています。

埴輪つくりのチーム-一つのチームが作業場の建物(たてもの)を一つ持(も)っています。チームにはリーダーの下に10~15人の埴輪職人(しょくにん)、窯焼き職人が5人と助手(じょしゅ)がいて、みんなで30人くらいいます。新池遺跡では3チームがいっしょに働(はたら)いていました。

埴輪窯(はにわがま)-埴輪窯は一つで、一度に30本が焼けました。ここには窯も3つあり、一年中、焼きつづけると一年間で4,000本の埴輪ができたと計算(けいさん)されています。

大仙(だいせん)古墳の埴輪だと、この3チーム、90人で、7年半、のべ24万7千人の人が必要(ひつよう)になります。

≪埴輪(はにわ)をよく観察(かんさつ)してみよう≫

埴輪の表面(ひょうめん)をよく見るとハケメという筋(すじ)のあとがついています。これは今のようなハケを使ったのではなく、木の板(いた)の端(はし)を使って表面を平らにするときについたものです。

埴輪の表面を見て、古いか新しいか、黒い斑点(はんてん)がついてるかどうかで調べてみよう。