こども考古学者の部屋

大仙(だいせん)古墳について

大仙(だいせん)古墳は日本で一番大きな墓で、前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)です。大阪府堺市(おおさかふさかいし)にあります。

今は国の宮内庁(くないちょう)というところに仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)として管理されています。

daisen01
大山古墳の模型(近つ飛鳥博物館所蔵)

≪大仙古墳の大きさは≫

大仙(だいせん)古墳は、三重の堀をもっていて、そのすべての長さは850メートルで、JRの三国ヶ丘(みくにがおか)駅から百舌鳥(もず)駅の間一つ分にもなります。

本体の墳丘部分の長さは480メートル。後円部の直径250メートル。高さ36メートル。前方部の幅が305メートルあります。

≪大仙古墳の中は≫

後円部(こうえんぶ)の真ん中の一番高いところには、大きな石があったことが240年前の江戸(えど)時代の記録に残っています。

また、120年前の明治(めいじ)時代に前方部(ぜんぽうぶ)から竪穴式石室(たてあなしきせきしつ)が出てきました。その中には長持形石棺(ながもちがたせっかん)があり、金メッキした甲(よろい)や冑(かぶと)も出てきています。

≪ほかに大仙古墳から出土(しゅつど)したものは≫

造出し(つくりだし)から須恵器(すえき)の甕(かめ)や堀(ほり)からいろいろな埴輪が出ています。巫女形(みこがた)埴輪、馬形埴輪、水鳥形埴輪、犬形埴輪などです。

≪大仙古墳に葬られた人は≫

大仙(だいせん)古墳に埋(う)められた人は実はだれなのかはわかりません。日本の古い歴史書の『日本書紀』など伝わる話をもとに仁徳天皇(にんとくてんのう)の墓ではないかとされています。

また、中国の歴史書の『宋書(そうしょ)』には、ちょうど大仙古墳がつくられたころに讃(さん)、珍(ちん)などという名の日本の王が中国に使いを送ったことが記録されています。