こども考古学者の部屋

古墳づくりと豪族

≪豪族の決め方は≫

日本のそれぞれの地域の農作業(のうさぎょう)や土木工事(どぼくこうじ)などの指導者(しどうしゃ)や、特別(とくべつ)な技術(ぎじゅつ)を持った人が豪族(ごうぞく)になりました。

≪豪族に力を貸したのは≫

より力のつよい豪族(ごうぞく)とほかの豪族が手を組んだり、その逆(ぎゃく)に力をもたない豪族は力の強い豪族と手を組んで、まわりの人たちにいうことを聞かせようとしたりしました。そうした豪族どうしで協力(きょうりょく)し、その関係(かんけい)が広い地域(ちいき)におよぶほど、たくさんの人々をうごかすことができました。