館長からのご挨拶

ごあいさつ

この度近つ飛鳥博物館の館長に就任致しました、舘野和己と申します。 白石前館長には、14年もの長い間ありがとうございました。

地域や大阪府の歴史を踏まえ、博物館は古墳時代から飛鳥時代にかけての時代をテーマに、 展示や研究・教育など幅広い活動を展開し、府民をはじめとする多くの方々に親しまれてきました。

私の専門は日本古代史で、ミヤケ(屯倉)制や古代交通、平城京を中心とする古代都城制、木簡などを主たる研究対象としてきました。 その中で、竹内街道などの古代道路に注目したり、長屋王家の荘園の1つである「山背御田」の故地を、 博物館からほど近い河南町山城に比定したり、近つ飛鳥周辺の歴史に関わりをもつ機会も多くありました。

古代の歴史を明らかにするには、考古学と歴史学、地理学など、さまざまな学問分野の共同作業を必要とします。 私も上記のような経験を生かしつつ、歴史学の立場から、少しでも博物館の活動に貢献し、その発展に寄与することができればと思っております。

今後とも皆様方のご協力、ご支援を博物館に賜りますよう、よろしくお願いいたします。

大阪府立近つ飛鳥博物館館長 大阪府立近つ飛鳥博物館
館長 舘野 和己