展示について

講演会

時間 午後1時30分~午後3時(各回とも共通)
場所 大阪府立近つ飛鳥博物館地階ホール
定員 200名
※講演会の聴講には、入館手続きをお済ませの上、整理券をお取りください。
※午前10時より受付にて入場整理券を配布します。
≪平成30年7月22日(日)≫ 
講演者 穂積 裕昌 氏(三重県埋蔵文化財センター)
講演タイトル 「古墳時代の水のマツリと導水施設」
≪平成30年8月5日(日)≫ 
講演者 舘野 和己 (当館 館長)
講演タイトル 「古代史からみた水のマツリ」

 
 

学芸員解説講座

時間 午後2時~午後3時(各回とも共通)
場所 大阪府立近つ飛鳥博物館地階ホール
定員 200名
※解説講座の聴講には、入館手続きをお済ませの上、整理券をお取りください。
※午前10時より受付にて入場整理券を配布します。
≪平成30年7月15日(日)≫ 
講師 肥田 翔子 (当館学芸員)
講座タイトル 「河内平野における馬のマツリ」
≪平成30年8月26日(日)≫ 
講師 廣瀬 時習 (当館総括学芸員)
講座タイトル 「古墳時代集落のマツリと階層構造」
≪平成30年9月2日(日)≫ 
講師 市村 慎太郎 (当館総括学芸員)
講座タイトル 「縄文・弥生時代の水のマツリ」
≪平成30年9月9日(日)≫ 
講師 森本 徹(当館副館長兼学芸課長)
講座タイトル 「埴輪に表現された儀礼」