展示について

令和3年度春季特別陳列「献ずる器ー 一須賀古墳群を中心に ー」

≪開催趣旨≫

  古墳時代中期になって、日本列島で作られるようになった須恵器は、その後、広く普及し、集落でも多く出土します。しかし、中には集落ではほとんどみかけない、独特な形をした器があります。子持器台といわれる坏をたくさん貼り付けた器台もその一つです。こうした土器は全国でみられるものの、もっぱら古墳から出土する非日常的な器と言えます。
  一須賀古墳群は、その副葬品に渡来系要素が多くみられることは知られていますが、こうした子持器台も多く見つかっている古墳群です。今回の特別陳列では館蔵品である一須賀古墳群出土資料を中心に、南河内の群集墳から出土した古墳専用の器について考えてみたいと思います。

≪内容≫
会期 令和3年4月24日(土)~6月13日(日)
会場 大阪府立近つ飛鳥博物館 特別展示室
主催 大阪府立近つ飛鳥博物館
 
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(ただし、5月3日(月・祝)は開館、5月6日(木)は休館)
観覧料 一般310円、65歳以上・高校・大学生210円
中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方【介助者1名含む】無料
展示品の画像 r3spring-doki.jpg
一須賀古墳群WA‐21号墳 装飾付器台
≪関連行事≫

※令和3年度上半期の講演会・土曜講座については、ご参加には往復はがきによる事前
 申し込みが必要となります(応募者多数の場合は抽選)。それぞれのイベントごとにお申
込みください。
   申込先 〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地
              大阪府立近つ飛鳥博物館
                までお送りください。
※ハガキ裏面に、参加を希望されるイベントの日付・講座名と連絡先(電話番号)・参加者
全員の氏名を、返信用はがきに返信先の郵便番号・住所・氏名をご明記ください。
 【注意】1枚のはがきで最大3名まで申し込み可能です。

※ 特別陳列のチラシがダウンロードできます。 詳細はこちら。(PDF)

講演会 5月30日(日)13:30~15:00 会場:地階ホール 定員:80名
※申込期限5月14日(金)必着

   「古墳の儀礼と土器」  森本 徹〔公益財団法人 大阪府文化財センター〕
土曜講座 5月22日(土)14:00~15:00 会場:地階ホール 定員:80名
※申込期限5月7日(金)必着

   「一須賀古墳群と装飾付器台」  島崎久恵〔当館総括学芸員〕