お知らせ

平成28年度 文化庁 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業 シンポジウム

≪開催趣旨≫
 博物館が位置する「近つ飛鳥」地域は、奈良の飛鳥とともに日本の古代国家の形成を考えるうえで、 極めて重要な地域であり、その重要性を今に伝える歴史遺産が数多く残されています。 このたび、古代史、考古学の専門家によるシンポジウムを開催し、 近つ飛鳥地域に残されている歴史遺産とその重要性を広く伝える機会にしたいと思います。
≪シンポジウム 近つ飛鳥と遠つ飛鳥-ふたつの飛鳥の古代史-≫
開催日時 平成29年2月5日(日)・午前10時~午後4時30分
会場 羽曳野市立生活文化情報センター LICはびきの ホールM
(大阪府羽曳野市軽里1-1-1)
 
 
講演① 「ふたつの飛鳥の古代史」
                 佐藤 信氏 (東京大学大学院教授)
講演② 「ふたつの飛鳥の横口式石槨」
                 白石 太一郎 (当館館長)
報告① 「近つ飛鳥の終末期古墳」
                 伊藤 聖浩 (羽曳野市教育委員会)
報告② 「遠つ飛鳥の終末期古墳」
                 西光 慎治氏 (明日香村教育委員会)
報告③ 「ふたつの飛鳥の古代寺院」
                 市本 芳三 (〔公財〕大阪府文化財センター)
 
 
定 員 400名(応募多数の場合は抽選となります。)
参加費 無料
申込方法 往復はがきでお申込み下さい。
往復はがき1通につき、3名まで申込できます。
裏面に参加希望者全員の氏名と代表者の電話番号を記入して下さい。
返信用はがきに返信先の住所・氏名を明記して下さい。
申込締切 平成29年1月20日(金)必着 (受け付けは終了しました。)
申込先 〒585-0001
大阪府南河内郡河南町大字東山299番地
大阪府立近つ飛鳥博物館「シンポジウム」係