お知らせ

平成29年度 金剛葛城地域博物館ネットワーク シンポジウム

≪開催趣旨≫
 奈良盆地南西部をしめる葛城地域は、南は重阪峠、風の森峠、西は竹内峠、水越峠、穴虫峠に大和川など、 奈良盆地における主要な玄関口のいくつかが位置している。 これらの玄関口は、いずれも奈良盆地の幹線となる交通路に連結し、大和と東西南北の地域を結ぶうえで、 要衝の地となってきた。古墳時代をむかえ、奈良盆地東南部に政権の中枢が位置すると、 列島の中心的位置をしめる地域と列島各地とを結ぶ交通路上の要衝として、 その重要性はさらに増したと考えられる。
 今回のシンポジウムでは、葛城地域と、その南に位置する宇智地域(五條市)および、  西に位置する河内地域の様子を概観しながら、5・6世紀の葛城地域に交通路があたえた影響について考えてみたい。
 
≪シンポジウム 5・6世紀の葛城と交通路-葛城・宇智・河内-≫
開催日時 平成30年1月28日(日)・午後1時~午後5時  (受付は、正午より)
会場 葛城市歴史博物館2階 あかねホール
(奈良県葛城市忍海250番地の1)
 
基調報告① 「5・6世紀の葛城の交通路」
                 神庭 滋 氏 (葛城市歴史博物館)
基調報告② 「5・6世紀の大和と紀伊を結ぶ道」
                 前坂 尚志 氏 (五條市教育委員会)
基調報告③ 「南河内の5・6世紀と大和への道-金剛葛城をめぐる交通路-」
                 廣瀬 時習(大阪府立近つ飛鳥博物館)
シンポジウム 「5・6世紀の葛城と交通路」
  コーディネーター      千賀 久 氏 (葛城市歴史博物館 館長)
 
定 員 200名(先着順)
参加費 無料
申込方法 往復はがき、または葛城市歴史博物館窓口にて直接お申込み下さい。
往復はがき1通につき、2名まで申込できます。
往信はがき裏面にお名前、住所、電話番号をお書きください。
複信はがきには、お客様の宛名のみお書きください。
電話、ファクス、メールでの申し込みはできません。
申込締切 平成30年1月21日(日)必着
期日前に定員に達した場合、その時点で締切とさせていただきます。 
お問い合わせ・申込先 〒639-2123
奈良県葛城市忍海250番地の1
葛城市歴史博物館「シンポジウム」係
TEL:0745(64)1414