こども考古学者の部屋

古墳時代っていつ?

古墳(こふん)時代は今から1700年から1300年も前のことです。
古墳時代の前の弥生(やよい)時代は、日本に米づくりが入り、大きなムラが多くでき、争いがはじまりました。そして、ムラをまとめるようなクニができ、女王卑弥呼(ひみこ)のいるような邪馬台国(やまたいこく)が栄えました。その少しあとの古墳時代は西日本を中心として、大きなまとまりができる時代です。それは、鉄をたくさん手に入れ、武器(ぶき)やよろいをつくって武力で人々を支配しました。また、鉄は田畑を切り広げたり、水路(すいろ)をつくったりする道具にも多く使われ、米などもたくさんつくれるようになりました。
古墳に葬(ほうむ)られた人は、古墳時代(こふんじだい)の指導者(しどうしゃ)の人たちと、その一族の人たちです。
仁徳天皇(にんとくてんのう)の墓として宮内庁(くないちょう)が管理(かんり)している日本一大きな大仙(だいせん)古墳は、前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)という形の山のような墳丘(ふんきゅう)です。中には石室(せきしつ)があり、墳丘の上には埴輪(はにわ)が立っています。

≪古墳というのは≫

古墳(こふん)時代にたくさんつくられた土を盛(も)りあげてつくった墳丘(ふんきゅう)を持(も)った墓のことを言います。

≪古墳をつくったのは≫

古墳(こふん)時代より前の弥生(やよい)時代という時代から墓がどんどん大きくなっていきました。当時の人は大きな墓にはいるのが自慢(じまん)でした。古墳時代になって墓はいっそう大きくなりました。まわりに濠(ほり)や堤(つつみ)をまわしました。それが一番大きくなったものが大仙(だいせん)古墳です。濠や堤をつけて人を入れなくして、できるだけ大きく見せようとしました。

≪古墳がなくなるのは≫

古墳時代にどんどん大きくなった墓は、指導者はその大きな墓をみんなに見せて、その人の権力(けんりょく)があることをしめして、人々を治(おさ)めようとしました。でも、中国大陸(ちゅうごくたいりく)や朝鮮半島(ちょうせんはんとう)の人から人々を治める方法を学び、それを使うようになりました。そのため、大きい古墳をつくれる権力をしめすことはあんまり必要ではなくなりました。

このことは聖徳太子(しょうとくたいし)の冠位十二階(かんいじゅうにかい)や十七条憲法(じゅうしちじょうのけんぽう)のような、政治(せいじ)のしくみを法律できちんと決めようとしたことによくあらわれています。こうしたしくみが整(ととの)うと、無理(むり)に大きな墓をつくるようなことはしなくなりました。また、大きな古墳をつくる土地もしだいに少なくなってきていました。でも、聖徳太子(しょうとくたいし)も、まだ古墳が多くつくられていた時代の最後の方の人で、古墳に葬(ほうむ)られました。

≪古墳時代の有名人は≫

日本で最も大きい古墳は大阪府堺市(おおさかふさかいし)にある大仙(だいせん)古墳です。この古墳に入った人は実はだれなのかはわかりません。日本の古い歴史書(れきししょ)の『日本書紀(にほんしょき)』に伝えられる話などをもとに仁徳天皇(にんとくてんのう)の墓ではないかとされています。また、中国の歴史書の『宋書(そうしょ)』には、ちょうど大仙古墳がつくられたころに讃(さん)や珍(ちん)という日本の王が中国に使いを送ったことが記録(きろく)されています。

≪王はいたか≫

天皇(てんのう)という呼(よ)びかたは、1200年ほど前の飛鳥(あすか)時代の終わりごろから後に使われたものです。その前は、中国の歴史書の『宋書(そうしょ)』や1500年ほど前の鉄剣(てっけん)や鉄刀(てっとう)、銅鏡(どうきょう)には王という文字があります。王と呼ばれた人がいたことは確(たし)かです。でも、この文字は「おう」とは読まずに「きみ」と呼んでいたことの方が多そうです。